設立趣意書

日本が成熟した先進国家として「豊かで安心できて生きがいを感じる福祉社会」を築くためには、医療・福祉の質の向上、情報提供のための環境整備、地域医療の確保、医療の情報化等、「高度医療・健康産業の発展・振興と普及」のための基盤作りが重要です。

この基盤作りのため我々は「臨床医工情報学領域」という新しい領域に着目しましました。本領域は、医学・歯学・薬学・栄養学、工学、ナノテクノロジー、情報学などが連携する学際融合領域であり、先進的福祉社会の実現と高度な知識集約型新規産業創出の基盤および多くの若者が心底やりがいを感じて情熱を注ぐことのできる領域であります。この領域で次世代の若い医療人を育てることは、高齢化社会のインフラや生活基盤技術の提供へつながり、医療機器・システム、医療サービス、新薬開発など、国際的競争力が必要な多くの知識集約型産業を生み出す源泉ともなります。

しかし、これらの人材育成には、高度な専門的知識を得るための座学だけでなく、演習・実習を伴う実践体験型の教育を行うための施設や設備が必要になるため、1教育機関内部の協力体制だけでは実現しがたく、特に理系の連携教育はこれまで実例がきわめて少ないのが実情です。

そこでこれらの問題点を解決し、本領域における地域の人材育成力の格段の向上を図ることを目的とし、このたび「一般社団法人 臨床医工情報学 コンソーシアム関西」を設立することといたしました。「コンソーシアム関西」では、関西地域の研究・教育機関、医療機関、公的機関、企業が連携し、それぞれの特徴を生かすことにより、総合的な教育システムの構築を目指しています。

本コンソーシアムは、これらの活動を通じて、関西地域ひいては日本の「高度医療・健康産業の発展・振興と普及」へ貢献いたします。

平成20年12月1日

会長 宮原秀夫