イベント情報

2.その他情報アーカイブ

2012年8月19日(日) 第2回「羅針塾」がホテル阪急インターナショナルで開催されました。

医療系および関連企業など、組織の中堅以上の受講生33名が参加、講師は大阪大学の講師陣に加えて、参議院議員の鈴木寛氏、梅村聡氏ほか各界で活躍中の講師を迎えました。今回の羅針塾は、討論形式と講義形式をミックスしたスタイルで進めました。コミュニケーションをとりやすい6人〜7人の円卓を囲み、第1回に比べ、受講生同士の意見交換も活発に行われましたが、アンケート結果によると、深く議論するにはやや時間が不足していたとの意見があり、今後の参考となりました。
また、医療のグローバル化における課題と対策や、我が国がこれからの長寿社会を乗り越える新たなビジネスモデルの創出などへのテーマを期待する声が寄せられました。交流会では異なる分野の受講生同士の情報交換の場となりました。

DSC_0423.JPG
DSC_0647.JPG
DSC_0799.JPG
DSC_1280.JPG

当法人の監事である寒川賢治博士が慶應義塾大学の
医学や生命科学の分野で優れた業績をあげた研究者に贈られる
「慶應医学賞」の授与されることが決定しました。

寒川氏新聞記事.jpg

寒川賢治博士(国立循環器病センター研究所長

授賞研究テーマ
「グレリンを中心とする新規生理活性ペプチドの発見と臨床への応用」成長ホルモン(GH)の分泌は、これまで視床下部ホルモンによって制御されていると考えられていましたが,GHS 受容体(GHS-R)と呼ばれるオーファン受容体を介した機序が存在することが示唆されていました。
寒川博士らは,独自の手法を用いてGHS-R に特異的な内在性リガンドを世界に先駆け胃組織から精製、構造決定することに成功しました。
この新規リガンドは3 番目のセリン残基が脂肪酸(n-オクタン酸)でアシル化修飾された特徴的な構造の28 個のアミノ酸からなるペプチドで、グレリンと名付けられました。
グレリンは,GH 分泌促進活性に加えて,強力な摂食促進作用を持つことも明らかとなり,現在,拒食症の治療薬として臨床試験段階にあります。

寒川博士らの発見したANP やBNP は治療薬や診断薬としてすでに臨床現場で使用されており,基礎医学と臨床医学を融合する実学的な分野で先導的な活躍をされています。


グローバルCOEイベントレポートの報告がありましたので下記のとおりご案内いたします。

イベントレポート:http://www.mei.osaka-u.ac.jp/gCOE/event/report/event_43.html
生命の音楽.jpg
当法人の副会長である大阪大学医学系研究科 倉智嘉久 教授により『生命の音楽』ゲノムを超えて−システムズバイオロジーへの招待デニス・ノーブル <著>を 09年6月に新曜社から 翻訳出版されました。

このたび、朝日新聞論説副主幹の尾関 章氏によりー「私」もプロセスという生命観ーと題し、書評を受けました。
著者(英オックスフォード大名誉教授)と倉智教授は親交が深く2年前に著者から日本語訳を依頼されたものです。
新潮流の統合的生命科学の基本的な考え方とその方法論が明確に語られています。専門家のみならず、広く一般にも十分理解できる平易な語り口であり、これからの生命科学を志す若い学生諸君にも是非、読んでいただきたい一冊です。



生命の音楽朝日書評.jpg

下記のとおり「地域活性に関する懇談会」を開催いたします。

日時:2009年9月9日(水)  10:00〜11:30
場所:大阪大学中之島センター 9階会議室

農林水産省大臣官房政策課の木村俊昭企画官をお招きし
関西の地域活性について意見交換を行います。